ねずみ駆除には甚大なストレスがかかる

古くなった木造建築にはねずみが棲み着くことがあります。餌になる食べ物があり、巣作りできるスペースがあれば、ねずみはどんどん繁殖して、その数を増やします。

家具を囓られたり、食べ物を荒らされているうちはまだマシですが、人体に影響があるような事態になっては、それこそ取り返しがつきません。
そんなことになる前に、ねずみ駆除をしなければなりませんが、素人にはなかなか負担の多い作業になります。
普通の家庭でも使用できるねずみ駆除の道具は、ホームセンターやドラッグストアで売られています。バネ式の罠にカゴ式の罠、毒餌などもポピュラーな道具になるでしょう。

暮らしを豊かにしてくれるネズミ駆除に関する良い情報をご紹介するサイトです。

その中で、素人が最初に目を付けるのが、粘着シートタイプの罠ではないかと思うのです。


ゴキブリ捕りなどにこのタイプのものが多いので、同じような感覚で買い求める人がいるのではないでしょうか。粘着シートタイプの罠は、ねずみの通り道や餌場などを狙ってしかけます。
最初は「必ずねずみを捕ってやる!」という強い意志のもとで作業がなされると思うのですが、罠にかかった獲物を見たら、大きな後悔とストレスを感じることになるかもしれません。



その理由は、粘着シートにかかったねずみは、そこから逃れようともがきますので、ひどいときには、手足が千切れかけた状態でまだ生きているのを見てしまうことになります。
死んでいてくれればまだマシなのですが、抵抗して無惨な姿をさらしているのは、誰が見ても気分の良いものではありません。


中にはふためと見られないほど、ショックを受けてしまう人もいるようです。



ねずみは放ってはおけませんが、捕獲して処分するということは、生き物をその手で殺すことに他なりません。

それなりの覚悟がないとかえってひどい状態に陥ってしまうので、被害の状況を見て、必要ならば事前にねずみ駆除業者に頼むようにしてください。